(ディーゼル条例第4条) 

千葉県内の沿道地域では、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)による大気汚染は依然として深刻な状況です。特にディーゼル自動車から排出される粒子状物質は、発ガン性や気管支喘息など健康への影響が懸念されています。千葉県では、粒子状物質を削減するため、ディーゼル車を規制する条例を定めました。


 規制の内容
条例で定める粒子状物質排出基準を満たさないディーゼル車は、千葉県内の運行が禁止されます。

 開始時期
平成15年10月1日からです。
※ただし、新車登録から7年間は規制適用の猶予期間となります。
自動車NOx・PM法対策地域外のみを運行すると認められる車両は規制の適用までの猶予期間が12年になります

 対象地域
千葉県内全域

 対象車種

デイーゼル車です。
(車検証の燃料の種類欄に「軽油」と記載されている自動車です)

ただし乗用車は、規制の対象外です


●規制対象

規制対象車

ナンバープレートの
分類番号

備考

貨物自動車

1 10〜19 100〜199
4 40〜49 400〜499
6 60〜69 600〜699

乗合自動車
(定員11人以上)

2 20〜29 200〜299
(一部5-、7-)

特種自動車

8 80〜89 800〜899

乗用車を改造した自動車は対象外

 

●規制対象外 

規制対象外

ナンバープレートの
分類番号

備考

乗用車

3 30〜39 300〜399
5 50〜59 500〜599
7 70〜79 700〜799

対象外

特種自動車

9 90〜99 900〜999
0 00〜09 000〜099

対象外

埼玉県東京都神奈川県でも同様な規制が適用されます。
埼玉県東京都においては、平成18年4月1日より規制が強化されています。
詳細は各都県ホームページをご覧下さい。
(※各都県名をクリックするとホームページへリンクします)

 





戻る